一般社団法人 秋田県中小企業診断協会

マイナンバー制度が分かる特集

マイナンバー制度が分かる特集
無料で相談したい方はこちら

今すぐ、従業員からマイナンバーを取得する方法を知りたい方は

取得時に「利用目的の通知」と「本人確認」が必要です

マイナンバー法により、マイナンバーを取得する際には、必ず「利用目的の通知」と「本人確認」が必要です。
従業員からマイナンバーを集めるには、「扶養控除等(異動)申告書」に記載してもらうのが最も良い方法です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

マイナンバーの漏えいが心配な方は

外部漏えいを防ぐための「安全管理措置」と「業務委託の監督義務」が必要です

マイナンバーを適切に管理する上で行うべき4つの「安全管理措置」が定めれています。また、税理士、社会保険労務士に業務委託する際にも「監督義務」が定められています。
管理体制に不備があると、マイナンバー情報が洩れる可能性が高まります。
特に、現在は関心が高いので、万が一、漏えい事故があると目立ちます。会社の信用に傷が付くので注意が必要です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

どうしてよいか分からない方は

中小企業診断士事務所までご相談ください

以下の中小企業診断士事務所は、企業向けマイナンバー管理のコンサルティングを行っております。
お気軽にお問合せ下さい。ご相談は無料です。

フォームズ株式会社(秋田県秋田市中通3丁目3-10秋田スカイプラザ2F)
018-874-7397
10:00~18:00(マイナンバー相談まで)
初回相談(取得、管理アドバイス)無 料
マイナンバー取扱規定の作成5万円~
安全管理措置コンサルティング5万円~